アルバイトは必然的に借り入れ限度額が少なくなる

投稿者: | 02/02/2020

正社員と比べて、アルバイトをしている人の場合にはキャッシングでの借り入れ限度額は少なくなってしまいます。

これは一般的な話であり、例外的なケースもあるかもしれませんが。

しかし、通常であればアルバイトの人が稼ぐことができる金額は正社員と比べたら少ない場合が多いでしょう。

そうなると総量規制が関係してくるのですが、これによって年収が少ない人は借りられる限度額が少なくなるということが起きます。

つまり、相対的に収入が少ないアルバイトの人は借りられる金額が少なくなってしまうのです。

特に消費者金融の場合には総量規制が関係しますから、アルバイトの人がキャッシングをする際には思った以上に借りられる金額が少なくなるかもしれないということに関して、頭に入れておかないといけないのです。