キャッシング契約に備えて信用度をアップしたい!クレジットカードの2年間利用がポイント!

投稿者: | 08/18/2019

銀行や消費者金融のカードローンもしくはフリーローンを契約する際、審査において信用度が重視されます。信用度は、統計データに基づくスコアリング判定、そして個人信用情報の確認から判断されます。キャッシング契約において、より高い融資額や低い金利を期待するのであれば、常日頃からの準備が必要になります。

信用度のアップ方法として、金融取引を日常的に行うことですが、1ヶ月や2ヶ月、そして半年ではなかなか上がりません。ここで重要なのは、個人信用情報として登録される取引履歴の登録期間です。取引履歴は、2年間すなわち24ヶ月分の利用状況から返済状況まで記録されています。つまり、24ヶ月間返済遅延もなく取引を行っていれば、信用度は非常に高くなるということになります。

そのため、キャッシング契約に備えて個人信用情報における信用度アップのため、クレジットカードを1枚に集中し、24ヶ月間利用し続けることがおすすめになります。不要なクレジット契約やキャッシング契約を行わないことも重要ですが、先ずは2年以上の期間で信用を積み重ねることがおすすめです。例えば、クレジットカードなら18歳から契約でき、キャッシング契約の対象となる20歳には取引上の信用は高くなるため、高校卒業後に就職された方はクレジットカードを1枚契約しておくのがポイントになります。