在籍確認での審査落ち!職場が個人情報管理が徹底されているなら?

投稿者: | 11/06/2019

銀行や消費者金融でキャッシング契約を行う際、基本的には電話により在籍確認が行われます。在籍確認が行われる段階は、申込内容と個人信用情報による審査が完了しており、安定した収入があるかどうかの最終確認です。

つまり、ほぼ審査が完了している段階であるものの、在籍確認で審査落ちとなるケースもあります。特に社員の個人情報保護が徹底されている会社ほど、外部からの個人宛の電話に対応しないこともあり、審査落ちの原因となってしまいます。そこで重要なことは、あらかじめ自分自身に個人名で電話があることを伝えておくことがポイントです。

最近では、出張費などの支払に対してキャッシュレス化を推進する企業もあり、このような場合であればクレジットカードの審査と言い訳することも可能です。